創業56年、地盤調査は半世紀にわたる信用と実績の協和地下開発(地質調査業登録:質19第3号)にご用命下さい

責任者の高橋高志です。
過去1922件の地盤調査を専門でおこなってまいりました。地盤のことならお気軽に何でもお問い合わせください。お待ちしております。
保有資格:技術士(総合技術監理部門)(応用理学部門)

はじめての人へ

はじめて地盤調査をご検討の方はこちらからご覧下さい。
地盤調査の流れ(お申し込み方法)

お問い合せ・お見積もり

お問い合せ・お見積もりなどお気軽にご連絡ください。

フリーダイヤル

携帯電話から04-7158-0204 月〜金9:00〜19:00

FAX:04-7158-0208 受付24時間返信は月〜金9:00〜19:00

メールからお問い合せ

概算費用

①ボーリング調査

関東地方の高台(台地)の場合

ボーリングによる掘削深さ(地表面下を掘る深さ)は20m程度になります。
その場合、約25万〜30万程度の費用がかかります。
それに室内試験や現場で行う試験が加わる場合があります。
また、現地の状況(2〜3tトラックが入ることができるかどうか等)で費用が異なります。

関東地方の低地の場合

ボーリングによる掘削深さは30〜50m程度になります。
その場合、約40万〜80万程度の費用がかかります。

他の条件は同じです
  • “どのくらい掘ればいいのだろう”と疑問に思われるでしょう。
    上物(建築物、戸建てか5階建て以上の高層建築物か等々)により異なりますが、基本的にはその上物の重さ(荷重)を支える硬い地盤まで掘ることが必要になります。
    一般的には台地と呼ばれる高台では10〜30m程度、低地と呼ばれる地域では30〜場所によっては50m以上となります。
    計画されている場所(調査したいと思われている場所)が台地か低地かは「 関東地質調査業協会 台地の解体新書 」からその概要を知ることができます。
    詳細は地盤調査専門店にご相談下さい。2万本以上のボーリングデータを保有しており、関東近県はほぼ網羅しております。

お問い合せはこちらより

②スウェーデン式サウンディング試験

スウェーデン式サウンディング試験は主に戸建て地盤調査で行われます。高層建築物の調査には不向きです。
 通常、戸建て1戸につき5箇所(敷地の4隅各1箇所+中心1箇所)行います。試験深さは最大5.5mです(これは国土交通省の指導です)。
5.5m×5箇所で概算費用(報告書含む)は
 ① 当社から10km圏内 ・・・ 7万円
 ② 当社から10〜30km圏内 ・・・ 8万円
 ③ 当社から30〜50km圏内 ・・・ 10万円
程度です(ただし、1日で調査が終了した場合)。
詳細は地盤調査専門店にご相談下さい。

お問い合せはこちらより

お問い合せ・お見積もりはこちらより

フリーダイヤル 携帯電話から04-7158-0204 月〜金9:00〜19:00

FAX:04-7158-0208 受付24時間返信は月〜金9:00〜19:00

調査エリア:東京・神奈川・千葉・栃木・群馬・埼玉・茨城・山梨・新潟・福島・宮城・山形・秋田・青森 メールでのお問い合せはこちらより
協和地下開発株式会社 本  社:〒270-0156 千葉県流山市西平井641 TEL:04-7158-0204/FAX:04-7158-0208  東京支社:〒101-0032 東京都千代田区岩本町2-12-7 TEL:03-3862-4931 FAX:03-3862-4933